神龍峡の観光地は重慶南西部南川区南平鎮内に位置し、南川から27キロ離れ、重慶の主城区から約80 KM、幅は約13平方キロである。地には金仏山以西、境内の山地は大婁山の余脈に属する。神龍峡は、数億の地殻運動を経て押し出された原生態谷で、山体は標高1300メートル以上で、その中で最もピークのヒョウ嶺の標高1380メートルは、重慶の主城区から最も近い、最も原始的な生態の峡谷である。
神龍峡大峡の谷地の形は、谷間に横たわっている巨竜のようで、それに峡谷内には至る所に竜の伝説があって、神龍峡に名をつけました。中隠れダムの峡谷から飛竜の滝まで、峡谷は全長約4.2キロ。谷底の平均幅は約50メートル、最も幅は90メートル、最も狭い所はわずか10メートルで、典型的な「Y」タイプの深い峡谷の形を呈している。峡の林深い竹の茂み、流水の飛滝、峰の絶壁、虫が鳴いて鳥を鳴いて歌う。峡谷の両岸は多くの灌木林、とげの竹林を刺して、植物は比較的豊かである。森林のカバー率は90 %以上に達し、植物の種類は1700種類あります。神龍峡は空気が澄んでいて、空気は酸素イオンの含有量が高く、天然の大酸素となっているのではないでしょうか。景勝地の平均的なマイナスイオンの含有量は1立方メートルあたり8万個ぐらいです。
神龍峡は亜熱帯の季節風の湿潤な気候に属して、気候は温和で、雨量は十分で、気候は心地よくて、レジャー、避暑の良好な場所です。神龍峡の景勝地山清水秀、群峰は緑を重ねて、滝は群れになっています。一年中、景色はそれぞれ違う。「春見花・夏遊水・秋観葉・冬観雪」。景勝地の中には群峰がそびえ立っていて、千姿百態、林海蒼郁、多くの飛滝流泉を集め、多種多様な獣を生息している。景勝地は四季の流れが絶えず、飛瀑が谷間に鳴いて、滝が連なっている。夏は涼しい谷で避暑に行くのは、旅行者がいい選択になるに違いない。猛暑の夏、南川城区は平年の平均気温が26度前後で、重慶市は摂氏28度、神龍峡は13.7度程度で、年中雨量は1522ミリで、雨量は主に夏に集中している。本当に一景で、幽谷青峰に加えて、いっそう心を楽しませて、流れて帰ることを忘れます。