神龍峡が漂流した青雲峡から、遊侠宿まで。中山の峡谷の峡谷は景観が美しくて、流れによって下に出て、目が見下ろす間。水の上に漂流した見聞は自然と歩く道の違いが大きくて、この道の遊泳は自然の霊性によって引き取った旅で、この道は滝の天から降りてきて、山の峰の頂上があって、亭の縁側の橋があったことがあります。行雲の流れに漂流している中で、人は本当に峡谷の山水を溶け込んで、その中の一景になった。渓水は衣服の襟を濡らして、これは神龍峡の霊動山水の親近である。心動意気で危険な漂流があって、神龍峡が私たちの武骨の豪情を呼び起こし、両岸の流れによって出た景致は、神龍峡の魂である。終点の遊侠宿は、専用の入浴や更衣室が設置され、山水の後に便利な休養をさせてくれる。ちなみに、バーベキューをしたり、いっそのこと、キャンプ場のテントに住んでいて、大自然と一度、徹底的に親しまれています。